おそうじ情報をハックせよ!トイレ・お風呂などのお掃全般の情報サイト!

おそうじロボ付きエアコン、本当にお手入れ不要?  記事:山下晴重

「〇年先までお手入れ不要!」のおそうじロボ付きエアコンは

本当にお手入れ不要?

上の画像はフィルター自動お掃除機能付きエアコンの一例。エアコンのエアフィルター表面だけをブラシで掃除する機能のおそうじロボを過剰に過信し過ぎて 「自動で掃除して何年も先までお手入れ不要ってお店の人も言ってたから、カビもホコリもつかないでしょ?(笑)」なんて大きな誤解、アナタはしてませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽フィルター自動お掃除機能付きエアコンは

かえって汚れがたまってカビも増えやすい!?

家電量販店の店頭やTVショッピングなどで

日々紹介されている新型エアコンの装備には

エアフィルターをエアコン自身がリモコンの

ボタン操作一つで自動的に掃除してくれる

【フィルター自動掃除機能付きエアコン】が

普及しています。

 

この機能が装備されたエアコンが

日本国内で一番最初に登場したのは

今から13年前の2003年3月に発売された

富士通ゼネラル製の『nocria (ノクリア)』

というエアコンだったと記憶しています。

 

フィルター自動掃除機能付きエアコン

というと大多数の方が

「フィルターを自動的に掃除してくれる

フィルター掃除の手間要らずのでしょ?」

とご想像されていると思います。

また、人によっては

「なんでもかんでもエアコンが全部

勝手にお掃除してくれるんだから

掃除しなくてもいいんでしょ?」と

大きな誤解されている方も

未だかなり多くおられます。

 

毎年何件もエアコンクリーニングの

ご依頼を承り続け、お客さまのお宅で

リアルなエアコンご使用状況を

現場で実際に見続けてきて

定点観測してきた私、山下なりの

見解を解説してきたいと思います。

 

先ず正しい事実をご理解頂きたいのは

フィルター自動掃除機能付きエアコンは

カビがつかないワケでも

綿ボコリがつかないワケでも

キッチンの油を含んだホコリ汚れが

つかないワケでも全くありません。

 

リアルなエアコンのご使用状況を

見る限りむしろ真逆です。

シンプルなエアコンよりも

かえってカビ菌が繁殖しやすく

綿ホコリも抱き込みやすく

キッチンからの油を含んだ油煙の

影響を受けやすくカビ、汚れには

強いようではなさそうです。

 

 

では、なぜ多くの方が

「フィルター自動掃除機能付きエアコンは

汚れない」と誤解をされているのでしょうか?

各エアコンを販売される際の少々誇張された

宣伝広告による影響と消費者側の

正しい情報との認識の誤解・不足があるようです。

 

フィルター自動掃除機能付きエアコンの吹き出し口奥のクロスフローファンの状態。エアフィルター掃除機能の装備に関係なく、エアコンの中はご使用されればカビ菌、細菌、ホコリなどが付着します。

 

おそうじロボ付きエアコンの中を高圧洗浄した後、回収したエアコン内の汚れの汚水。 全てのエアコンがこの位汚れているワケでは勿論ありませんが、エアコンのご使用頻度、設置環境次第ではこの位汚れているエアコンは決して珍しくありません。リビングのエアコンは汚れやすい傾向にあります。アナタのご自宅のエアコン、本当に大丈夫ですか?

 

▽むしろこまめなおそうじが必要な

フィルター自動お掃除機能付きエアコン

エアコンメーカーや家電量販店の店頭で

『10年間お掃除・お手入れ一切不要!』と

少々誇張された表現の販促の宣伝を

されているもののあります。

じゃ、だからといって

「10年先まで何もせず使い続けても

本当に全く汚れないのか?」

残念ながらそんな事はありません。

 

冷静に考えてみましょう。

もしも、本当に10年間もの間お掃除や

お手入れ不要のエアコンがあるとしたら…

エアコンクリーニング依頼を対応している

会社や他の業者は毎年梅雨や夏の時期に

商売上がったりで仕事の依頼が来ません。

 

ですが、現実には真逆です。

フィルター掃除機能付きエアコンも

従来型のシンプルなエアコンも

毎年ご依頼を頂き、年々増えています。

フィルター掃除お機能付きエアコンを

ご使用されてるお客さまから

「カビ臭いにおいがして使用できない

水平ルーバーの回りに黒い汚れがある。」

とお困りのお問合せを多く頂きます。

 

実際の事実と異なる誤解が広まっている理由

・エアコンメーカーや家電量販店店頭での

誇張された機能を過大評価した販促の影響

・商品購入される消費者側の正しい

エアコンの情報・知識の不足

・多機能搭載エアコンに対する消費者の

過剰な過信・妄信し過ぎたの結果

ではないでしょうか?

 

端的に結論を云いますと

カビがつかないエアコンはありません。

 

他のブログでのこの結論に触れましたが

フィルター自動掃除機能搭載であろうと

内部クリーン機能搭載であろうと

プラズマクラスター機能搭載であろうと

ストリーマ機能搭載であろうと

地球上にカビ菌存在する以上

全てのエアコンは

カビがつきます、汚れもつきます。

 

それならエアコンは汚れるものと認識して

事実を前提に定期的に半年、または

年1回のエアコンクリーニングを

習慣的に継続すること。

今現在の世の中で最も適した対応で

最も有効なカビ予防・抑制に大きな効果ある

とは言えるのではありませんか?

 

エアコン内部を除菌洗浄クリーニング洗浄したフィルター自動掃除機能付きエアコンの一例。エアコンに搭載の各機能は、あくまで補助的な機能として捉え習慣的で持続的なクリーニングを欠かさず行うのが大切です。

 

▽多機能エアコンでも過信せずエアコンの

持続的なクリーニングの習慣でカビ抑制できる

・フィルター自動掃除機能搭載の

多機能搭載型エアコンでも

各機能を過剰に過信し過ぎないで

定期的で持続的なエアコン洗浄

クリーニングを欠かさずやる習慣が

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

一番カビ・各汚れ付着の予防

抑制に効果ある!ということです。

 

フィルター自動掃除機能付きエアコンでも

今一度購入時に同封された取扱説明書を

読み返されて、2週間に1回のサイクルで

フィルターダストボックスや

エアフィルターのお手入れされて下さい。

 

カビはフィルターに溜まったホコリを

エサに更に繁殖し、熱効果器部分へ

冷房効率が悪くなる影響があります。

繰り返しますが

【10年間お掃除・お手入れ不要】な

エアコンは残念ながらありません

 

 

ご自宅の中で出来るお手入れはご自分で。

ご自分では到底できそうに無い

クリーニングは信頼できるプロの会社へ。

そしてエアコンのエアフィルターの

カビ掃除には允セサミのカビ取り職人

がとても効果的です!

カビ取り職人はこちら!

 

汚れの状態、程度にあわせてムリせず

適切な対応・処置を選ぶのが賢いやり方です。

ご自分でできないエアコンの汚れは

オフィスねこの手にお任せください♪

これからもご紹介してゆく記事も

皆さまの暮らしをちょっと良くする

活きた生活関連情報をご提案します♪(*’▽’)/

 

お家やお店の困った・・・

何とかしたーい汚れを解決したい?

それなら!オフィスねこの手へ! (^▽^)

おそうじHackメンバー紹介
山口崇翅 ~技職人魂開発者!おそうじマイスター~
山口卓也 ~求む!腕相撲挑戦者!オールラウンドプロフェッショナル!~
長谷川大樹 ~野球で育んだ根性でおそうじ界を切り開く!~
山下 晴重(やました はるしげ)
記事一覧
汚れに困ったらこちら!

友だち追加